今でもトラブルがある

Pocket

トラブル借地借家法が旧法から新法に改まったのですが、まだ、旧法における土地をめぐるトラブルは、まだあります。

それは、新法が施行される前に契約した借地がまだ存在するということです。こういった土地は旧借地法が適用される契約に基づいていますから、厄介なものになります。現在に至っても一度も解約されていないと言うのであれば、旧法で定められた契約が生きているという事です。

こうした土地は旧法で契約し、何世代にも渡って受け継がれている場合があり、借主が亡くなっているという事もありますが、旧法では、借地権の相続に地主の許可はいりませんから、地主は土地の返還を求められません。そのような場合、新法に契約し直したいと思う地主さんは多いはずです。新法の方が地主に有利ですから、そう望むのは当然です。しかし、現在の法律では、それはできないのが現状となっています。

それでも、一度契約を解除し、契約し直すという事は可能です。地主としては土地を更地にして新しい活用法を考えたいところでしょうが、借主の合意が必要になりますから、どっちみち、話し合いで解決しなくてはいけないでしょう。借主に納得してもらうにはそれなりの条件が必要となります。

このように、新法、旧法をめぐる土地の問題はまだ課題が多いのです。