それぞれのメリット

Pocket

借地借家法の新法の特徴は、旧法に比べて地主の権利が強くなったことです。それによって、双方、様々なメリットがあります。

まずは、土地をめぐるトラブルが減った事があります。そして、1992年以降の建物に新法が適用されますので、地主は期間限定で貸すということで期間が終われば土地を返してもらえるという安心感もあり、定期借地権での取引が増えています。こういったやり方での地主のメリットは建物用途を事業用とする「事業用借地権」にした場合、事業を起こす際に借入しなくて済むので、リスクを負わないということです。

そして、借りる側のメリットですが、土地を購入して、事業を始めるとなると大変ですから、それよりも安い料金で土地を使えるという事でしょう。これは、大きなメリットです。事業を始めるには予算が掛かりますから、少しでも安く抑えられるのは嬉しいところです。そして、地主を説得しやすいということもあります。といいますのも、事業用地の場合は土地が必ず変換されますから、好立地で勝負に出たいと思った時にチャレンジしててみたい事業が展開しやすいのです。

このように、双方にメリットがある新法ですから、うまく活用するすると良いビジネスチャンスになれるかもしれません。